スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PDF-XChange Viewerの テキストボックスツール の使い方

[テキストボックス] ツールを使用すると、
PDFファイルに、文字やコメントを書き込むことができます。

注意:テキストボックスには、直接文字を入力・変換(インライン入力)することが
注意:できないので、メモ帳等から編集済みテキストをコピー/貼り付けします。

※「PDF-XChange Editor」は直接入力・変換ができるようになりました。



zubolla 流はコピペが基本


 

プロパティツールバーの表示


■ ツールバー上の右クリックメニューから「プロパティツールバー」を選択(Ctrl+E)

text1e

■ プロパティツールバーが表示されます。

text2e



メモ帳等から編集済みテキストをコピー


テキストボックスへは、直接文字を入力・変換(インライン入力)することが
できないので、めんどくさいひと手間が必要になります。

text3e



ドキュメントへ貼り付け


■ 右クリックメニューから「貼り付け」(Ctrl+V)

text4e




テキストボックスの 枠、背景を変える


テキストボックスのプロパティ


■ 貼り付けるとプロパティツールバー表示が「テキストボックスのプロパティ」に..

text5e

■ 「テキストボックスのプロパティ」で 枠、背景を変えることができます。

text20_e





※ 複数のテキストボックスの色を一度に変更することは、できないみたいです。




文字のフォント、サイズ、色、スタイル、テキストの整列方法、を変更


テキストフォーマット


■ テキストボックス内でダブルクリックすることで文字の選択ができるようになります。
■ プロパティツールバーの表示が変わり、「テキストフォーマット」に..

text6e


右クリックメニューから「テキストフォーマット」(フォント等の変更はできません)

◇ 以下のように、文字のフォント、サイズ、色等を変更できます。

text19e








何も選択されていない時のプロパティツールバー


■ 「ドキュメントのプロパティ」表示ボタンが表示されます。

text10e




「テキストボックスのプロパティ」ダイアログ


■ プロパティツールバーのプロパティボタンで表示

text14e

右クリックメニューから表示(プロパティツールバーを表示してない時)






テキストボックス(オブジェクト)の固定


固定すると、テキストボックスの移動、サイズ、変更削除、外観変更、
テキストの編集、テキストフォーマット、等の変更ができなくなります。
※ コピー、貼り付けはそのまま使えます

「テキストボックスのプロパティ」ダイアログの左下[詳細]ボタンから[固定]を選択

text31e


テキストボックスの移動


■ ドラッグ&ドロップで簡単移動
    テキストボックスは、PDF 文書上を自由に移動させることができます。

text22_e

text23e



テキストボックスの削除


テキストボックスを右クリックします。
ポップアップメニューから [削除] を選択します。
text32e
※ テキストボックスをクリックし、Delete キーを押すことによっても削除できます。



表示順の変更


text24_e



テキストボックス(コメント)の印刷


「印刷」ダイアログを開き「印刷オプション」の
「印刷対象」を「ドキュメントとマークアップ」に設定して印刷

in02_e




関連記事
プロフィール

Author:zubolla
  
あ~
めんどくちゃい めんどくちゃい

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。