PDF-XChange Viewer スナップショットツール の使い方


 
スナップショットツールの使用方法
 

PDF-XChange Viewer のスナップショットツールでは、
テーブル、テキスト、グラフィック、またはテキストとグラフィックの組み合わせを
画像としてクリップボードにコピーしたり、
別のアプリケーションで開いてる文書に貼り付けたりすることができます。

スナップショットとは 〛
 
・スクリーンキャプチャみたいなモンですが、解像度レベルがまったく違います




スナップショットツールでコピー&ペースト


コピー

PDF-XChange Viewer で PDF ファイルを開きます。

「メニューバー」→ [編集/スナップショット] を選択するか
ツールバー上のカメラアイコンをクリックします。


  snapshot1e

A)コピーしたいページをクリックするだけで
   そのページがクリップボードにコピーされます。

  snapshot2e

※ 注意!ページがグレーからブルーに変わるまで(処理中)何の操作もできません.

B)コピーしたい部分をドラッグすると、(ドラッグするだけで)
  選択範囲がクリップボードにコピーされます。
  矩形の [□部分]をドラッグすることでサイズを調整ができます。

  snapshot3e




※ 選択範囲内の右クリックメニューにも「選択範囲のコピー」
  「ページ全体を選択」項目があります。

  snapshot4e




選択解除


選択範囲内の右クリックメニューから「すべて選択解除」

  snapshot7e




貼り付け

アプリケーションで貼り付けを実行すると、
スナップショットツールでコピーした部分を画像として、
貼り付けることができます。




スナップショットツールのオプション


 
■ スナップショット イメージに固定解像度を使用する(F):

[環境設定] では、スナップショットツールでコピーする
画像の解像度を指定することができます。

切り取った領域より引き伸ばしたい場合には、解像度を固定させることもできます。

「環境設定」(Ctrl+K)から
「スナップショットツール」のオプションにある
「スナップショットイメージに固定解像度を使用する」にチェックを入れて、
解像度を指定します。
 
解像度は72dpiから2400dpiまで段階的に選択可能です。(数値入力も可)


  snapshot5e

※ 解像度について詳しくはこちらで  スナップショットツール 解像度
注意!解像度600dpiで1ページ(A4)コピーした場合、処理終了まで8秒はかかります。
  (選択ページがグレーからブルーに変わるまで何の操作もできません)


■ スナップショット イメージをグレースケールにする
    これにチェックを入れると、文字どうりグレースケールで画像コピーします。



スナップショット機能の解除


他のツールを選択すれば解除できます
通常は[ツールバーボタン:ハンドツール] か
選択範囲外の [右クリックメニュー:ハンドツール]
を選択して解除します。


 
  snapshot6se


  snapshot6_e




スナップショットツールでコピーした領域を印刷


スナップショットツールでコピーした後に印刷を実行すると、
コピーされた領域のみを印刷することができます。

印刷ボタンをクリックします。


  snapshot8e

印刷ダイアログボックスのプレビューで確認し、
「印刷」をクリックします。


  snapshot9e




スナップショットツールでコピーした領域を画像ファイル化


スナップショットツールでコピーした後に
「イメージへエクスポート」を実行すると、
コピーされた領域のみを画像ファイル化することができます。


  snapshot10_e

選択範囲外の右クリックメニュー「エクスポート」→ [イメージへエクスポート]
からも実行できます。


  snapshot11e




関連記事
プロフィール

Author:zubolla
  
あ~
めんどくちゃい めんどくちゃい

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム