Webページを編集して印刷・保存する「Print Edit」の使い方


 

Webページを編集(不要な部分を消して)から印刷・保存できる Firefox アドオン。
 
Print Edit


ほかのDOM削除系アドオンにない機能 〛
 
要素を"隠す"機能で ページレイアウトに影響を与えない
複数要素を選択後、一括編集ができる



編集開始


 
■ ツールバー上のボタンから起動するのがいちばん簡単です。(デフォルト設定

  PriEd02s.png

■ ボタンの ドロップダウン・メニュー項目

  PriEd01s.png

■ 起動すると編集ツールバー・編集画面が表示されます。

  PriEd03s.png


※ ほかにも、
印刷プレビュー」の「編集」ボタンから起動
※ ページの右クリックメニュー → 印刷 →「Print Edit」から起動
※ と.. 起動方法は いろいろあります。



選択方法


 
■ 編集ページ上でマウスを動かすと、赤い枠が出てきます。(ブロック要素上で)
 
■ その枠内をクリックすると、枠線が点線に変わり選択が確定されます。
もう一度同じ枠内を クリックすると枠の選択が解除されます。

  PriEd_7ss.png  PriEd_8ss.png

■ 選択部分の確定後に 次の選択をすることができるので、
    選択部分を複数指定できます。

  PriEd_9s.png

■ マウスドラッグで 複数要素を一緒に選択・選択解除できますボックスをキャプチャ

  PriEd_3s.png  PriEd_2s.png

※ [Ctrl]キー + マウスドラッグで選択すると 複数要素を選択解除
※ [Shift]キー + マウスドラッグで選択すると グラフィック要素のみを選択できます。

 
■ 選択が確定したら以下の各種メニューボタンを選択することにより
  (編集メニューがアクティブに変わり)編集が可能になります。



編集ツールバー


■ 選択メニュー 選択解除
 

[選択メニュー](未選択時):すべて選択
[選択メニュー](未選択時):グラフィックを選択


  PriEd05s.png
 

[選択解除]:全ての選択を解除


  PriEd06s.png


■ 要素を 隠す 削除
 

[隠す]:選択した要素を隠します。(ページのレイアウトに影響を与えません)
[削除]:選択した要素を削除します。(レイアウトに影響を与えることがあります)
[他の要素を隠す]:選択した要素以外を全て隠す。(レイアウトに影響を与えません)
[他の要素を削除]:選択した要素以外を全て削除する。(レイアウトに影響します)


  PriEd07s.png

□ [他の要素を削除]ドロップダウン・メニュー(機械翻訳しただけなので?)
 

[制限]:上位レベル要素からの 位置・サイズ制限を適用します。
[... Without Margins]:上記と同じですが、選択した要素から余白を削除します。
[制限解除]:上位レベル要素からの 位置・サイズ制限を削除します。
[... Without Margins]:上記と同じですが、選択した要素から余白を削除します。


  PriEd08s.png


フォーマット(選択した要素のCSS定義を変更)

■ 元に戻す(やり直す 一つ前の操作に戻る) すべて元に戻す

  PriEd_0s.png

ファイルに保存

  PriEd10s.png

■ テキスト要素(テキストの個々の選択や編集が可能に..)

  PriEd11s.png

■ Webスタイル (CSSプリントスタイルシートを適用/無効に?)

  PriEd12s.png

■ プレビュー

編集が終わったらプレビューボタンをクリックして印刷プレビュー画面を表示します。

PriEd_1s.png

あとは、普通に印刷する時と同じです。
もう一度編集作業を行うときは、右上の編集ボタンをクリックします。


 
  PriEd_4.png

□ 編集が終了したら左上の印刷ボタンをクリック

  PriEd_5.png

■ 閉じる(編集ウィンドウを閉じて「Print Edit」を終了します)



 

プロパティ確認


■ 選択した要素のCSSプロパティ値を 右クリックで確認

  PriEd_6s.png


フォーマット


■ 選択した要素のCSSプロパティ値を変更することがきます。

  fuyh_0sss.png



名前を付けて保存


編集されたウェブページは、[Save As]ボタンをクリックして、
ファイルとして保存することができます。


Saving Edited Pages
 
An edited web page can be saved as a file by clicking on the Save As button.
 
The save page feature provides access to all of Firefox's standard save methods. It is also compatible with the Mozilla Archive Format (MAF) add-on, which provides access to MAF's own save methods and to the UnMHT add-on's save methods.
 
Note that saving as "Web Page, complete" always uses Firefox's standard save method, and ignores MAF's "When saving complete web page contents" option.
 
The best results are obtained by using the UnMHT add-ons's save methods, but the other methods also usually give good results.
 
When closing Print Edit, there is an option for the user to be asked whether to close without saving the edited web page.
 
When re-editing a saved edited web page, the user will be asked whether to retain or discard the edits from the previous session.



■「UnMHT」か「MAF」をインストールすれば mht ファイルで保存できます。

  hzon02s.png


■「MAF」をインストールすれば maff ファイルで保存できますMozilla Archive Format

  hzon01s.png


■「Print Edit」からの「名前を付けて保存」では、「MAF」オプション 設定は無視され
     mht maff とも「ブラウザの標準機能を使う」での出力となります。

▼ MAF(Mozilla Archive Format)オプション

  savpm01s.png
完全な Web ページの保存:
 
ブラウザの標準機能を使う
○ "Save Complete"を使いスクリプトとソースを維持する(Firefox 19.0 使用不可)
○ ページの忠実なスナップショットを取る
 
    □ 他のブラウザと完全に互換性のある MHTML ファイルを作成する

アプリケーションキー から「ScrapBook」へ保存もできます



オプション設定


 
■ ボタン:既定のアクション (印刷... / 印刷プレビュー / Print Edit)
■ ツールバー:ツールバーのレイアウトをコンパクトにする
■ コマンド:「隠す」後に要素を選択可能にする
■ コマンド:「元に戻す」後、ボックスの選択を再開する
■ コマンド: 閉じる際の保存について尋ねない

  PriEd21s.png

■ ハイライトボックス(選択時)

枠線の色と線の太さを設定します。


■ 選択ボックス(選択確定時)

枠線の色と線の太さを設定します。


■ ボックスをキャプチャ(複数選択矩形)

枠の色と領域の不透明度を設定します。
 
Web ページの端までのスタートポイント位置:
キャプチャボックスのスタートポイントがエッジにスナップされる距離を設定します。
(キャプチャ領域の開始点は、Webページの端に近い場合は、エッジにスナップします)





キーボード操作


■ キーボードショートカット

-------------------------------------------

【(Alt)】+
 
【Deselect(S)】
【Hide(H)】
【Delete(D)】
【Hide All Except(I)】
【Delete All Except(E)】
【Format(F)】
【Undo(U)】
【Undo All(N)】
【Save As(A)】
【Text (T)】
【Web (W)】
【Preview(P)】
【Close(C)】

-------------------------------------------

• Deselect - Return key.
• Hide - Insert key.
• Delete - Delete key.
• Undo - Backspace key.

-------------------------------------------

• アプリケーションキー:Firefox コンテキストメニュー




関連記事
プロフィール

Author:zubolla
  
あ~
めんどくちゃい めんどくちゃい

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム