PDF-XChange Viewer のメニュー項目カスタマイズ


PDF-XChange Viewer メニューバーのメニュー項目をカスタマイズ


カスタマイズダイアログを開く


カスタマイズダイアログから
「ツールバー」「メニューバー・メニュー」への
コマンド 追加/消去/移動 等のカスタマイズができます。
 

ツールバーから開く


□ 各ツールバー右端(赤枠)の所をクリック →「カスタマイズ」で開きます。

XViewer2bs.png


ツールバー/メニューバーの右クリメニューから開く


□ ツールバー/メニューバー上で右クリックすると下のようなメニューが表示されます。
    メニューの「カスタマイズ」で開きます。

XViewer3s.png






カスタマイズダイアログ


「カスタマイズダイアログ」の [コマンドタブ] から
メニューへ、コマンドの追加/消去/移動ができます。
 
「カスタマイズダイアログ」から [メニューバー > メニュー] へD&Dして「追加」
 
「カスタマイズダイアログ」を開いた状態で、
   メニュー項目の右クリックメニューから「削除」
・メニュー項目を「カスタマイズダイアログ」へD&Dして「削除」
 
・同様の操作でツールバーもカスタマイズできます。


「カスタマイズダイアログ」から [メニューバー > メニュー] へD&D

mm01s.png


メニュー項目の移動


■ 項目をD&Dで移動できます(ほかのカテゴリーメーニューへも可)

mm02gs.png


コマンド一覧


■ 各、コマンドの確認はこちら


ツールバーカスタマイズ


PDF-XChange Viewer のツールバーカスタマイズ


メニュー項目の右クリメニュー


カスタマイズ中、メニュー項目の右クリックで、下のようなメニューが出ます。
・コマンドの削除(セパレータの削除)
・コマンドのイメージ/テキストを表示・非表示
・メニュー項目間へセパレータの挿入

mm03s.png


メニューを初期値に戻す


■ 上の、[メニュー項目の右クリメニュー] →
   「このポップアップメニューをリセット」で、初期値に戻します。

mm03s_.png



すべての ツールバー・メニューを初期状態に戻す


XViewer104-2s.png


オプション

 
・ツール バーにスクリーンチップを表示する
・スクリーンチップにショートカットを表示する
・メニューにショートカットを表示する
・ツールバー間にセパレータを表示する
・ツールバーの3D表示を有効にする

XViewer106s.png




PDF-XChange Viewerの テキストボックス の使い方(2)



前回の記事の補足になります。


「テキストボックスツール」を選択




■ ツールバー上の「テキストボックスツール」コマンド(要カスタマイズ)から

◇ ツールバーの「テキストボックスツール」アイコン

textr12e

◇ ツールバーの「テキストボックスツール」アイコンを、
    右クリックで「既定のスタイルの適用」

textr13e

◇ コメントのスタイルパレットを表示

textr14e



コメントスタイルパレット


textr18e

※ いくつ登録できるんだろか?



左ペインに、[コメント] [ページサムネイル] を表示


「テキストボックスツール」使用時の [コメント一覧表示] は必須





テキストボックスの作成


「テキストボックスツール」を選択したあとは

tx003e

◇ ドキュメントをクリックすると、テキストボックスが作成されます。

text001e

◇ ドラッグするとボックスサイズを変えて作成できます。

1text002e



ツール選択状態の保持


「ツール選択状態の保持」が有効になっていると○×○×○×○×

「テキストボックスツール」を選択すると、プロパティツールバーの表示が
  「テキストボックスのプロパティ」になるので、
   その中の「ツール選択状態の保持」を選択

tx03e

tx04e



◇ ドキュメントをクリックすると、次々テキストボックスが追加されます。

text001e

■ テキストボックス追加後プロパティツールバーの表示が「テキストフォーマット」に

tx05e

■ テキストボックスを選択すると「テキストボックスのプロパティ」に変わりますが
  「ツール選択状態の保持」は表示されません(表示は作成時のみ)

tx07e

「ツール選択状態の保持」の解除し忘れに注意



テキストボックスに文字入力


■ 枠内をダブルクリックするとテキスト入力が可能になります。
■ インライン入力できないので、高度(?)な編集はエディタを使い、コピペで..

◇ 英・数字はそのまま入力できます。

text003e

◇ 日本語は、確定するまで、デスクトップ左上隅に入力ボックス表示されます。

text004e

◇ 確定するとテキストボックスに文字が入力されます。

text005e



 

テキストボックスの基本操作


◇ テキストボックスの枠をクリックすると、テキストボックスが選択状態になり

text006e

◇ 枠をドラッグするとボックスサイズを変えることができます。

text007e

◇ 選択状態のテキストボックスをマウスドラッグで移動

textr20_e

◇ [Ctrl]キーを押しながらドラッグすると、テキストボックスをコピーできます。

textr22e



既定のスタイルを適用


(例)既定のスタイル(3)を適用

text008e

text009_e



(例)既定のスタイル(2)を適用

text010e

text011_e



コメントの右クリックメニュー


textr010e




PDF-XChange Viewerの テキストボックスツール の使い方

[テキストボックス] ツールを使用すると、
PDFファイルに、文字やコメントを書き込むことができます。

注意:テキストボックスには、直接文字を入力・変換(インライン入力)することが
注意:できないので、メモ帳等から編集済みテキストをコピー/貼り付けします。

※「PDF-XChange Editor」は直接入力・変換ができるようになりました。



zubolla 流はコピペが基本


 

プロパティツールバーの表示


■ ツールバー上の右クリックメニューから「プロパティツールバー」を選択(Ctrl+E)

text1e

■ プロパティツールバーが表示されます。

text2e



メモ帳等から編集済みテキストをコピー


テキストボックスへは、直接文字を入力・変換(インライン入力)することが
できないので、めんどくさいひと手間が必要になります。

text3e



ドキュメントへ貼り付け


■ 右クリックメニューから「貼り付け」(Ctrl+V)

text4e




テキストボックスの 枠、背景を変える


テキストボックスのプロパティ


■ 貼り付けるとプロパティツールバー表示が「テキストボックスのプロパティ」に..

text5e

■ 「テキストボックスのプロパティ」で 枠、背景を変えることができます。

text20_e





※ 複数のテキストボックスの色を一度に変更することは、できないみたいです。




文字のフォント、サイズ、色、スタイル、テキストの整列方法、を変更


テキストフォーマット


■ テキストボックス内でダブルクリックすることで文字の選択ができるようになります。
■ プロパティツールバーの表示が変わり、「テキストフォーマット」に..

text6e


右クリックメニューから「テキストフォーマット」(フォント等の変更はできません)

◇ 以下のように、文字のフォント、サイズ、色等を変更できます。

text19e








何も選択されていない時のプロパティツールバー


■ 「ドキュメントのプロパティ」表示ボタンが表示されます。

text10e




「テキストボックスのプロパティ」ダイアログ


■ プロパティツールバーのプロパティボタンで表示

text14e

右クリックメニューから表示(プロパティツールバーを表示してない時)






テキストボックス(オブジェクト)の固定


固定すると、テキストボックスの移動、サイズ、変更削除、外観変更、
テキストの編集、テキストフォーマット、等の変更ができなくなります。
※ コピー、貼り付けはそのまま使えます

「テキストボックスのプロパティ」ダイアログの左下[詳細]ボタンから[固定]を選択

text31e


テキストボックスの移動


■ ドラッグ&ドロップで簡単移動
    テキストボックスは、PDF 文書上を自由に移動させることができます。

text22_e

text23e



テキストボックスの削除


テキストボックスを右クリックします。
ポップアップメニューから [削除] を選択します。
text32e
※ テキストボックスをクリックし、Delete キーを押すことによっても削除できます。



表示順の変更


text24_e



テキストボックス(コメント)の印刷


「印刷」ダイアログを開き「印刷オプション」の
「印刷対象」を「ドキュメントとマークアップ」に設定して印刷

in02_e




PDF-XChange Viewerの [ スナップ機能 ] の使い方



■ スナップとは何か?

スナップとは、オブジェクトを移動させた時に、
近くのグリッド等に、オブジェクトが吸い寄せられる機能です。
これにより、オブジェクトを正確に配置できます。

PDF-XChange Viewer の [スナップ機能] は
「ガイド」「グリッド」「オブジェクト」に対して有効です。

「ガイド」と「グリッド」

「ガイド」と「グリッド」の2つの機能はどちらも、
ページの中に目安となる補助線を作成する機能です。


zubolla流 カンタン [スナップ機能] 使用法 まとめ


・直感で適当にいじくってれば使えます
・スナップ機能は基本的に常にON(ガイド・グリッド非表示時はOFFになるので)
「ガイド」「グリッド」使用時にはルーラーを表示
・スナップのカスタマイズは[感度調節]を、ちょこっといじくるくらいで..
「オブジェクトにスナップ」は使わない


[スナップ機能] まわりの設定とカスタマイズ


環境設定から設定  (Ctrl+K)




スナップ機能


すべてのスナップ機能の有効化/無効化


ここではメニューのみ説明します(他は上の[設定とカスタマイズ]で確認を)

「メニューバー」→「表示」→「スナップの切り替え」でON/OFFします。

grid13e

アイコン表示でON/OFF状態がわかります。



グリッドにスナップ


「メニューバー」→「表示」→「スナップの切り替え」→
「グリッドにスナップ」を選択すると、オブジェクトを移動するときに
オブジェクトの端を最も近いグリッドの線に合わせることができます。

grid15e

グリッドが表示されていない場合、この「グリッドにスナップ」は無効になります。


ガイドにスナップ


「メニューバー」→「表示」→「スナップの切り替え」→
「ガイドにスナップ」を選択すると、オブジェクトを移動するときに
オブジェクトの端を最も近いガイドの線に合わせることができます。

ガイドが表示されていない場合、この「ガイドにスナップ」は無効になります。



グリッド


■ グリッドとは何か?

DTPソフトや画像編集ソフトなどで、領域指定やオブジェクトの移動の際に
位置決めを正確に行うために表示される罫線や桝目、補助線などのことを
グリッドまたはグリッド線という。

グリッドを使用すると、
テキストやオブジェクトを文書上の正確な位置に配置できます。

grid6e



グリッドの表示


・メニュー、ツールバーボタン等から表示します(上の[設定とカスタマイズ]で確認を)
「グリッドを表示」を選択すると文書上にグリッドが表示されます。

grid14e

【 オブジェクトの移動 】

・ [ ←↑↓→ ] キー:グリッド単位での移動
・ [ Ctrl ] キーを押しながら [ ←↑↓→ ]:ピクセル単位での移動



ルーラー


ルーラーの表示

・メニュー、ツールバーボタン等から表示します(上の[設定とカスタマイズ]で確認を)
・グリッド/ガイド使用時に、ルーラーを表示しておけば、効率的に作業がきます。



ガイド


ガイドの表示


grid7e

・メニュー、ツールバーボタン等から表示します(上の[設定とカスタマイズ]で確認を)

grid16e

・ルーラー左上の+部分をクリックすることでも表示できます

grid12e



ガイドの作成



簡単にガイドを作成する(正確な位置を設定する必要がない場合)

・ルーラーをクリックして、そのままドラッグすればガイドが作成されます。

grid8e

・ルーラー左上の+部分をドラッグすれば、縦・横ガイドが同時に作成できます。

grid9e



ガイドの移動・削除方法


ガイドをクリックして選択(線がオレンジ色になります)
・マウスドラッグで移動
・[Delete] キーで削除

grid10e

・ルーラーの右クックメニューから削除

grid11e




オブジェクトにスナップ


・メニューの「スナップの切り替え」でON/OFF
・メニューの「スナップの切り替え」→「オブジェクトにスナップ」でON/OFFします

s0008e

※ いまいちこれの効果が?



[関連リンク]

Photoshop講座:ガイド・グリッドの使い方:RETOUCH WEB LABORATORY
パワーポイント119/グリッドとガイドで位置ぞろえは完璧
グリッドの使い方(表示 / カスタマイズ / スナップ) | GIMP2の使い方





PDF-XChange Viewer スナップショットツール の使い方


 
スナップショットツールの使用方法
 

PDF-XChange Viewer のスナップショットツールでは、
テーブル、テキスト、グラフィック、またはテキストとグラフィックの組み合わせを
画像としてクリップボードにコピーしたり、
別のアプリケーションで開いてる文書に貼り付けたりすることができます。

スナップショットとは 〛
 
・スクリーンキャプチャみたいなモンですが、解像度レベルがまったく違います




スナップショットツールでコピー&ペースト


コピー

PDF-XChange Viewer で PDF ファイルを開きます。

「メニューバー」→ [編集/スナップショット] を選択するか
ツールバー上のカメラアイコンをクリックします。


  snapshot1e

A)コピーしたいページをクリックするだけで
   そのページがクリップボードにコピーされます。

  snapshot2e

※ 注意!ページがグレーからブルーに変わるまで(処理中)何の操作もできません.

B)コピーしたい部分をドラッグすると、(ドラッグするだけで)
  選択範囲がクリップボードにコピーされます。
  矩形の [□部分]をドラッグすることでサイズを調整ができます。

  snapshot3e




※ 選択範囲内の右クリックメニューにも「選択範囲のコピー」
  「ページ全体を選択」項目があります。

  snapshot4e




選択解除


選択範囲内の右クリックメニューから「すべて選択解除」

  snapshot7e




貼り付け

アプリケーションで貼り付けを実行すると、
スナップショットツールでコピーした部分を画像として、
貼り付けることができます。




スナップショットツールのオプション


 
■ スナップショット イメージに固定解像度を使用する(F):

[環境設定] では、スナップショットツールでコピーする
画像の解像度を指定することができます。

切り取った領域より引き伸ばしたい場合には、解像度を固定させることもできます。

「環境設定」(Ctrl+K)から
「スナップショットツール」のオプションにある
「スナップショットイメージに固定解像度を使用する」にチェックを入れて、
解像度を指定します。
 
解像度は72dpiから2400dpiまで段階的に選択可能です。(数値入力も可)


  snapshot5e

※ 解像度について詳しくはこちらで  スナップショットツール 解像度
注意!解像度600dpiで1ページ(A4)コピーした場合、処理終了まで8秒はかかります。
  (選択ページがグレーからブルーに変わるまで何の操作もできません)


■ スナップショット イメージをグレースケールにする
    これにチェックを入れると、文字どうりグレースケールで画像コピーします。



スナップショット機能の解除


他のツールを選択すれば解除できます
通常は[ツールバーボタン:ハンドツール] か
選択範囲外の [右クリックメニュー:ハンドツール]
を選択して解除します。


 
  snapshot6se


  snapshot6_e




スナップショットツールでコピーした領域を印刷


スナップショットツールでコピーした後に印刷を実行すると、
コピーされた領域のみを印刷することができます。

印刷ボタンをクリックします。


  snapshot8e

印刷ダイアログボックスのプレビューで確認し、
「印刷」をクリックします。


  snapshot9e




スナップショットツールでコピーした領域を画像ファイル化


スナップショットツールでコピーした後に
「イメージへエクスポート」を実行すると、
コピーされた領域のみを画像ファイル化することができます。


  snapshot10_e

選択範囲外の右クリックメニュー「エクスポート」→ [イメージへエクスポート]
からも実行できます。


  snapshot11e




PDF-XChange Viewerの [ イメージへエクスポート ] 機能



PDF-XChange Viewerをいじくってたら
「イメージへエクスポート」という機能が目についた
いったい何につかうんだろか?

調べてみた

「PDFが重くて読めない携帯機器で画像として見るため」
つうのが一般的使用法らしい

あとは...
PRO機能を使った時の機能制限(マークが強制的に挿入される)
を回避するため「画像ファイル化」する?
でも、仮想プリンタでPDFファイル化できるし...

あとで「何か」に使うため高解像で出力する?

うむぅ..わからん...

今のzubollaには、あんま関係ないみたいです。




[関連リンク]


PDF-XChange ViewerでPDFを簡単に画像に変換する | アプリのとっかかり
PhotoshopでPDF200ページをJPEG画像200枚に一括変換
魚石庵: ディープワンでも出来る自炊(3) ファイルの変換と読書
トルテューのメモ帳 Word 2010 のファイルを 画像に変換したい 2
キングソフトオフィスの使い方 cheflapin Writer のファイルを 画像にしたい 2
パソコン相談所 - PDFファイルを画像に変換
PDFにフリーで追記: PDF-Viewer 画像へ変換

フリーツールでAdobe Illustratorの.ai形式画像を扱う方法
理系のメモ帳: PDFからTIFFに変換するソフトの微妙な違い





【 イメージへエクスポート ダイアログ 】

import1e

「グラフィック」→ [解像度:600dpi]に設定すると..

import3de

[イメージの種類:オプション] → 【 イメージの保存のオプション ダイアログ 】
上で設定した解像度が、適用されています。
また、赤枠部分をクリックすれば、直接数値入力できます。

import2e

解像度300dpiと600dpiのPNGファイルを作り
文字部分をIrfanViewで拡大表示してみました。
印刷時どのくらい違いがでるのかは、不明。

import4de

※ 作成PDFは、仮想プリンタ設定を、イメージ解像度300dpで作成したものなので
    イメージ部分は、未確認です。




PDF-XChange Viewer  [ コマンド ] スクリーンショット



「PDF-XChange Viewer PRO」ネタもなくなってきたので
  またスクリーンショットでごまかします。


 カスタマイズダイアログ

 
■ カスタマイズダイアログの表示方法は、こちらで確認を

PDF-XChange Viewer のツールバーカスタマイズ




 コマンド一覧 [ PRO版限定コマンドも含みます ]


カスタマイズダイアログ [ コマンドタブ ]

XViewer_com2


カテゴリー別コマンド一覧
 




■ コマンドのプロパティ

XViewer_com4



 ツールバータブ


XViewer_com1

■ 新規ツールバー

XViewer_com7


 オプションタブ

・ツール バーにスクリーンチップを表示する
・スクリーンチップにショートカットを表示する
・メニューにショートカットを表示する
・ツールバー間にセパレータを表示する
・ツールバーの3D表示を有効にする

XViewer_com5




PDF-XChange Viewerの印刷機能がすばらし


 
「PDF-XChange Viewer」の印刷機能の良いところ

 
・[ページのトリミング]との連携で、プリンターの余白ぎりぎりまで印刷が可能
 
・印刷プレビューと実際の印刷のずれが少ない (Foxitはかなりズレます)
 
・印刷プレビュー画面が大きい (カスタマイズでさらに大きく)
 
・分割印刷が簡単にできる (Adobe Reader X でもできるようになったようですが、
   こちらはプレビュー画面が大きいので重なった部分の確認がしやすい)

※ もっとあるはず...でも今は、浮かんでこない...    なので..

以下のスクリーンショットを見て興味を持った方は、
「PDF-XChange Viewer」
ダウンロードして、いろいろいじくってみてください。
 
窓の杜 - ダウンロード - PDF-XChange Viewer
PDF-XChange Viewer PRO のインストール

 



印刷ダイアログ  [スクリーンショット]


【 印刷ダイアログ 】

XViewer_st01




プリンタ



prin_02_.png
名前(N):           プロパティ(P)...

状態:
種類:
部数:            □ 部単位で印刷

ファイルへ印刷prnファイル
□ 両面印刷





ページ範囲



prin_03_.png
○ すべて(A)
○ 現在のページ(R)
[カーソルがある編集中のページ?]

○ 現在の表示(V)
[現在表示されている部分のみ]

○ ページ指定(G):      (全体で ○ ページ)
ドキュメントの始めから数えてコンマで区切られたページ番号
またはページ範囲を入力します。例えば、1, 3, 5-12 と入力します。

○ 選択された画像(G)
[スナップショットツールでコピーした画像]

サブセット:すべてのページ | 奇数のページ | 偶数のページ

□ 降順で出力


    サマリ:○ ページ中 ○ ページ選択されています




ページの縮尺  (ここをいろいろいじくってみてください)



prin_05s.png







印刷オプション



prin_04_.png
印刷対象 :
ドキュメント
ドキュメントとマークアップ
ドキュメントとスタンプ
フォーム フィールドのデータのみ
マークアップのみ

□ イメージとして印刷する
□ グレースケールで印刷する

    詳細



〚 詳細な印刷設定 〛

XViewer_st5a

テキストを図形として出力 : 埋め込みフォント用 / 自動 / 常に

イメージのプリンタ出力最高解像度 :
50 / 72 / 100 / 150 / 300 / 400 / 600dpi

グラデーションの解像度 :
50 / 72 / 100 / 150 / 300 / 400 / 600dpi

□ コメントとポップアップを印刷する
     ポップアップの透明度:          (75%)





 Adobe Reader X (10.1.2) 印刷ダイアログ [スクリーンショット]

■ 比較のためのスクリーンショット


 Foxit J-Reader 印刷ダイアログ [スクリーンショット]

■ 比較のためのスクリーンショット




PDF-XChange Viewer のツールバーカスタマイズ


下のスクリーンショットを見ただけで、だいたい分かると思うので、
詳しい説明はしません。


ツールバーの 表示/非表示/固定


ツールバー/メニューバーの右クリメニューから設定


□ ツールバー/メニューバー上で右クリックすると下のようなメニューが表示されます。
    各、ツールバーの 表示/非表示/固定 を選択できます。

XViewer_tber3






D&Dでツールバーを移動


使用頻度の高いツールバーは、使いやすい位置に移動させましょう。
zubollaは印刷ボタンを頻繁に使うため「ファイルツールバー」を右端に移動させてます。

XViewer_tber4




コマンドの 追加/消去/移動


カスタマイズダイアログから
「ツールバー」「メニューバー・メニュー」への
コマンド 追加/消去/移動 等のカスタマイズができます。
 

カスタマイズダイアログを開く


ツールバーから開く


□ 各ツールバー右端(赤枠)の所をクリック →「カスタマイズ」で開きます。

XViewer2bs.png


ツールバー/メニューバーの右クリメニューから開く


□ ツールバー/メニューバー上で右クリックすると下のようなメニューが表示されます。
    メニューの「カスタマイズ」で開きます。

XViewer3s.png






カスタマイズダイアログ


「カスタマイズダイアログ」の [コマンドタブ] から
個別にコマンドの追加/消去/移動などのカスタマイズができます。
 
「カスタマイズダイアログ」からツールバーへD&Dして「追加」
 
「カスタマイズダイアログ」を開いた状態で、
   [ツールバー]コマンド上の右クリックメニューから「削除」
・コマンドボタンを「カスタマイズダイアログ」へD&Dして「削除」
 
・同様の操作でメニューバー・メニューもカスタマイズできます。


「カスタマイズダイアログ」からツールバーへD&D

XViewer_w6ss.png

※ zubollaは「ページのトリミング機能」を多く使うためツールバーに
  「ページの切り抜き」コマンドを表示させています。



コマンド一覧


■ 各、コマンドの確認はこちら


メニューバーのメニュー項目カスタマイズ


PDF-XChange Viewer のメニュー項目カスタマイズ


コマンドボタンの右クリメニュー


カスタマイズ中、コマンドボタン上の右クリックで、下のようなメニューが出ます。
・コマンドボタンの削除(セパレータの削除)
・コマンドボタンのイメージ/テキストを表示・非表示
・コマンドボタン間へセパレータの挿入

XViewer_cmenu



ツールバーのコマンドボタンを初期値に戻す


■ 上の、コマンドボタンの右クリメニュー →
  「このツールバーをリセット」で、初期値に戻します。

■ 各ツールバー右端(赤枠)の所をクリック→「リセット」で、初期値に戻せます。

XViewer2cs.png



すべての ツールバー・メニューを初期状態に戻す



XViewer104-2s.png



ツールバーの新規作成



XViewer105s.png



オプション


・ツール バーにスクリーンチップを表示する
・スクリーンチップにショートカットを表示する
・メニューにショートカットを表示する
・ツールバー間にセパレータを表示する
・ツールバーの3D表示を有効にする

XViewer106s.png





PDF-XChange Viewerの印刷ダイアログがでかすぎ


 
PDF-XChangeViewerですが…
 
zubollaのPC環境で、デフォルト設定のまま使うと
 
印刷ダイアログがこんなんなってしまいます。
 
これではプリンターの選択/プロパティを操作できません。


XChange_c13

※ 上部がPC画面からはみ出してます。


これを回避する方法は
メニューバーの「編集」→ [環境設定] →「UIのカスタマイズ」の
「共通UIのフォント」を変更することで印刷ダイアログの大きさを変更できます。

XChange_c


【 共通UIのフォント 】

XChange_c1



共通UIフォント設定例


zubollaは、ほとんどページのトリミング機能しか使わないので、
トリミング作業のしやすい大きめのダイアログサイズにしています。

Microsoft Sans Serif 10.0pt  (zubollaはこれにしてます)
MS UI Gothic 12.0pt
Meiryo UI 9.4pt

メイリオ 9.4pt  (デフォルト)



Microsoft Sans Serif 10.0pt

XChange_c2

[ページのトリミングダイアログ]

XChange_c3

[印刷ダイアログ]

XChange_c4




MS UI Gothic 12.0pt

XChange_c5

[ページのトリミングダイアログ]

XChange_c6

[印刷ダイアログ]

XChange_c7




Meiryo UI 9.4pt

XChange_c8

[ページのトリミングダイアログ]

XChange_c9

[印刷ダイアログ]

XChange_c10




メイリオ 9.4pt  (デフォルト)
 ※ プリンターの選択/詳細設定ができません。

XChange_c11


[ページのトリミングダイアログ]

XChange_c12

[印刷ダイアログ]

XChange_c13




プロフィール

Author:zubolla
  
あ~
めんどくちゃい めんどくちゃい

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
検索フォーム